Kaz takes.



<< 2018年 10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -
更新履歴
2007/09/01
夏休みの宿題

2007/06/24
早起き続き

2007/06/23
ファンキー・モンキー・ベイビー

2007/06/13
ディズニーリゾート

2007/06/09
ソロLIVE@名古屋 <2>



赤坂時間 2007年04月17日(Tue)

  108,501 byte

某携帯電話企業のイベントにVOJAの演奏で出演。
場所は赤坂プリンスホテルだった。

本番は18:00〜20:00の催しで、
オープニングとエンディングだけの登場だ。
リハーサルを済ませた後の暇なこと…。

外に出ようにもあいにくの雨で、
車に戻ってお気に入りのDVDを観たりもするが、
お気に入りなだけに、家でもよく観ていることに気づいて
結局は途中で止めてしまうのだ。

さて楽屋に戻ったが、
愉快なメンバーが多いVOJAだけに
話を聞いてるだけでもいつの間にか時間が過ぎるので好い。

写真は時間の割りに唯一撮った帰り際の赤プリ。
特に意味はありません。
 


夜桜 2007年04月01日(Sun)

  96,050 byte

最近よく使うスタジオの外にある川沿いに
立派な桜の木が並んでいる。
この桜最前線の時期は特に昼間は鮮やかだ。

写真は作業終了後の夜の写真でイマイチさえないが
毎年毎年、世間では春は桜の話題は欠かせないようなので
思わず撮ってしまう。

そういえばお花見なんてものは一度も経験がない。
桜自体も好きだし風情も分るのだが
その桜を眺めると同時に景色を汚しかねない、
なんていうある意味現実めいた不安があるからか…。
単にそういう機会を逃してきただけか…。

度々不思議なのは、あれだけ散った花びらは
いつも、いつ頃、どこに消えていくのかだ。

早速調べよう!

嘘。今日は…。
 


スイートベイジル 2007年03月28日(Wed)

  120,323 byte

今年初ライヴとなったジョーさんの六本木スイートベイジル。

先日、PA機器のデモ演奏でこちらのスタッフの方々と
ご一緒だったのでこうしてステージの現場で
お世話になるのは嬉しいことだった。

ジョーさんのLIVEでは去年も色んな場所で演奏したが、
久々に多めの選曲で新鮮な感触があった。
ここしばらくは何かとオルガンで弾いてたところも
今回のようにストリングスやモノリードなどの音色で
弾いてみると当然また感じが違った。

春以降はジョーさんのLIVEもいくつか決まっているので楽しみだ。
 


世にも奇妙なものだから 2007年03月23日(Fri)

  今日はジョーさんのリハーサル。
普段はコンスタントにステージがあったので、
スタジオでのリハーサルはあまり印象にないのだが、
よく考えてみると去年の秋以来(特に僕は)、
バンドで演奏するのは意外とブランクがあったのだ。

そして数日後にはスイートベイジルでのLIVEも控えており、
新しい曲も数曲加わった。
久しく復活したのは 『A MAN BEYOND THE SKY』 。
僕も好きな曲だが実は演奏したことはなかったのだ。
最近の曲とはいえ、当時はまだLIVEを観に行っていたのだから。

17時頃にはリハーサルが終了。
その後は杉並公会堂へ、ガールズゴスペルクワイアの
『toi teens!?』 のコンサートに2曲だけ参加しに向かった。
去年レコーディングにも参加した、
女子高生20数名で編成されたゴスペルクワイアだ。
この後の話し用にもう一度…
女子高生20数名で編成されたゴスペルクワイアだ。

会場滑り込みの事情もあり、「衣装は普段着で…」
と言われていたので先ほどのジョーさんのリハーサルの格好のまま
ステージに登場したものの、
出演者皆黒でシックにビシッと決めていた。
そこにパーカーとジーンズで現れた僕の立場は!?
格好に関わらず既に浮いているのだが、
後ろだから何とかなると思いきや、
その演奏のときだけ鍵盤と同じ位置に皆下がってきた!

酷い状況だ!
 


月とFireglo 2007年03月19日(Mon)

  51,698 byte

Firegloで青山にある 『月見ル君想フ』 に出演。

いつもよりも短い時間での演奏ではあったが、
曲順など、実は僕達なりに冒険しているところもあって
一曲目には普段はない選曲だったが
会場の雰囲気にも恵まれたようだった。

アコースティックな身軽さが当初の魅力でもあったのだが
最近気がついたのは、逸平くんのウッドベースにしろ
遠藤くんの様々なパーカッションにしろ、
何しろ通常のバンドよりも荷物が増えてるではないか!
まぁ、それだけ気合は入っているということにして、
演奏そのもののアコースティック感を楽しみたい今日この頃。
…当たり前か!?
 



- Web Diary Professional ver 2.28 -